建築を知らなくても良い

もしあなたに

家の新築、リフォームを
計画している身内や友人がいるのであれば


すぐに↓をクリック して下さい!

 

 

建築に携わっていると

月に数棟単位の管理をするわけですから
一棟一棟にかかる時間は自ずと決められてしまいます。

つまり
理想論ばかり振りかざしてみても
現実問題、家の完工が遅れると会社は赤字となる訳です。

ですから

建築工事に長年携わると
一人一人の想いというものに鈍感になるのかな?
と危惧しています。


これが
車のように10年位で乗り換えるというなら
話は別ですが、

35年ローンを組むとなると
今は若くとも家のローンが終わる頃には
老人となっているということを考えてください。


このことを痛感したのは
田舎の両親が建てた家の
危険箇所=階段を見た時でした。

実は
手すりが付いていなかったのです。

それで
自分が手すりを付けようとしたのですが

下地が無いことに閉口してしまい
ようやくの思いで取り付けをしたのですが

手すりが必要な場所は階段だけではありません!


玄関、トイレ、お風呂にも必要となり

ついでに
テレビも壁掛けにしようとしましたが

何せ、下地がありません! (^_^;)


私自身は設計の仕事をしているので
日曜大工も理屈が分かるため
一般の人以上にはできると自負していますが、

下地が無いということに
これほど困ると思ってもみませんでした!


困ったのは
これだけではなく

和室の引き戸の重さの解消や、
ハンガーパイプの取付など
まだまだ
沢山の課題がのしかかっている状態です(^_^;)


そして

もし両親の家が近くであったのなら
建築中に現場に見に行き、色々と大工さんにアドバイスが
できたのに!

と後悔にも似た感情が湧き上がってきたのでした。


これが
残念ながら
建築を知らない人が建てた家の現実です!

 

すぐに↓をクリック

 

 


私は何十例もこの目で確認していますし

今でも
モデルハウスやオープンハウス
に潜む危険箇所や配慮の足りない場所には
非常に敏感になり、言わないまでにも
記憶に留めています。

そして
建て主に対しての良心があるか無いかを
推し量り、

人に対して紹介できるかどうかを判断しています。

 

66b90608275ebe033903a81d8050ebd6

シェア元:pinterest

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">